洪水、スト、1週目

  bonjour!

パリ1週目が終わりました。 まず洪水、タイトルにも入れたけどぶっちゃけ特に影響受けてないです。すこぶる快調。 日本の友人が数名連絡くれて、ん??と思ってニュース見たらほんまやー的な感じでした。確かに天気は来てから最悪で、まだ一度も太陽を拝めてない。太陽なにそれ美味しいの的な。天気とテンションの相関は思ったより大きくて、まだパリ〜〜うほほほーいヒャッホイはやれてない。あとストが長くて電車で遠出がしづらいのはちと鬱陶しい
働きはじめて丁度1周間ほど。薄っぺらい実感をば。

1, でかい

東京支社は20人前後な一方、パリは50人以上います。世の中の多くの企業に比べたらそれでも全然少ないのかもしれないけれど、自分にとってはかなり大きく感じて右往左往。オフィスの構造的に1フロアにわーっと人がいるというよりもブロック毎に人が結構分かれてるのでまだあまり皆認識できておらず、ひたすらボンジュってサバる日々。1日目から特に猶予はなくそのままプロジェクトに配属。東京でやってたことに結構近くて、自分は結局インド・日本・オーストラリア周りの血液バンクのリサーチ分析の担当。先述のようにブロックに分かれてて、しかもそれは案件ベースで分かれてるわけでもないのでチームメンバーで近くにいる人はいなくて、結構放任な感じ。現時点だと、なんなら1日チームの誰とも会話せず退社することもできそうだし、15時とかに帰ってもバレなそう(帰らないけど)

2, français

パリオフィスは予想以上にFrench(人&言語)で、ほぼほぼフランス人、アジア系が自分の他に2人いるくらい。でもそのアジア系の人たちもフランス語ぺらいのでオフィスでフランス語できないのは実質自分だけ。仕事は英語ですすめるので問題はないんだけど、問題はないんだけど、当然ながら同僚同士の会話はフランス語なので、「あ、君フランス語出来無いんだ〜うけるね〜」という180cm超のムシューマダムs。対面の時は英語使ってくれるので特にコミュニケーションは困らないし、疎外感もそんな感じないけど、やっぱフランス語できれば、、という思いは日に日に膨らんでく。会社として英語が公用語な以上、英語ができさえすれば仕事はできるんだけど、やっぱりフランスみたいに母国語の力が強くてかつ英語が得意でない人も多い(社内の人は全く問題ないけど)国だとローカル言語なしで生きてくのって中々大変やなあと思った。生活も別にできるけど、幅も広がりにくいし深くもいきにくい。東京の駐在員の外国人の友人sも似たような感じでるのかな。そういう国ではローカル言語なしだと行動の幅も食の選択肢も広げにくい。外国から来た友達や日本に来たばかりの友人にローカルなお店に連れてったり、tipsを伝えたりするとやたら感謝されて、いやそんなに大したことしてないのにと思ってたけど、確かに逆やとそれむっさ嬉しい助かるなとひしひし感じる

3, あ、うぇい

仕事を始めて2年ほど、基本的に「ここは出来てないしここもまだまだや」なエブリデイだけど、自分が唯一少しうまくできることがあるとすれば、ゆるっとつながりを作ることかなと思う。先述の通りパリは90%françaisで人数も多いので完全にアウェイです(敵対してるかわけではなく)。仕事の進め方はオフィスが変わっても同じと言えどやっぱ何かと聞きたいこと知りたいことはあるのだけれど、チームも若手が多くてほぼ皆同じくらいの経験or後輩なので、彼らが自分に色々教える感じではない。そんなこともあり、オフィス全体を見てると別に元からの友達がいるわけでもなく、アウェイ感はある。ただ、全体を見てほげーとなる前にまずはチームの人、隣の人と話をする、ランチに誘ってみる。そういうことを重ねてると「あ、うぇい」くらいにはなってくる。チームというものでもないけど、割と仲良いふわっとしたのが近くに出来てくると、居心地も良くなってきて、そこから「ウェイ」までは割とスムーズに行く気がする。1vs4とかになっちゃうと話にしくくても、1vs1x4をすればカバーすればいい。振り返ってみると今まで2-4ヶ月のスパンで未知の地に住んだことは結構あって(メルボルン・ウィーン・ブルキナファソ)、経験上はじめの2週間頑張ると後がずっとラクになる。まぁ頑張ると言っても特別なことでなく、朝挨拶をする、仕事の話もhow are youから入る、誘われたら行く、てか誘う、飲むetc。とりあえず金曜からのEURO2016が待ちきれぬ

 

4, life?

パリの仕事はバリ激務を想定してたけど、意外と(少なくとも今のところは)落ち着いてて、普通に夜もレストラン行って外食できるくらい(カバーエリアの時差があるから残ってもしゃーないってのもある)。案外ひま。平日は何もできないと思ってたので特にパリでこれが したい!ってのも考えてなかったから、いたずらにパリおるんやから何か!という見えないプレッシャーと戦いつつしっぽりパリピしてます。当然だけど知らない土地は友達が少ないから、基本会う人ベースでコンテンツ考える自分としてはどうしようかな的なところ。海外で働くってのは海外に住むということで、言語的なものだけでなく知人やあ、ウェイができる友達が少ないという面からもアウェイやなと感じます。ベースが母国の海外支社でなく、現地採用のような形で働くてってのは結構な覚悟なんやなと再認。本当にこういう環境でずっとやりたいのかってのはこれからじっくり考えていきたいなと思う

 

 

そんな感じで!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    Udong boy. Expandin’ udon and koshi to the world. 京大✈︎欧系戦コン✈︎うどん屋 Tokyo (nau) 55/196 more: https://goo.gl/dqj5Uw