今年のテーマは「ていねいに生きる」

15195237919_b87082d333_z

あけました。おいっす新年

2013年はスキップ時々ダッシュで乗り切りましたが、2014年は終始箱根駅伝くらいのペースで乗り越えた感。卒論ガチで落とされかけのクソ学生からなんとか卒業、グローバルニートライフを満喫した後、気づけばガイシケイシャチクに。中々の激動でした。2015年のテーマ、目標、2014振り返り、という感じでいきます。今年もよろしくお願いします。

 

2015年のテーマ

2015年のテーマは、「ていねいに生きること」です。

爆笑されおせちを噴出されらかけたこともありましたが、割と本気です。コンサルの仕事では短期間で大量の情報を詰め込む必要があることが多く、さくっと目を通すことが多いです。そうしないとどうやっても終わらないし、ある程度そうやって見切りを付けることは大事なんだと思います。でも自分の場合はそれで、分かってたと思ったけど全然分かってへんワロタみたいなことが結構あって、上司激おこでoopsってことが度々。与えられた仕事を「こなす」ことってのは案外早く達するけども、その先にどう自分の想いとかノリみたいなのを載せてけるか。そこの部分をもう少し頑張って、考える1年にしたいなぁと思っております。仕事外の人づきあいということに関しても、もっとていねいに、と思います。昨年は何かと企画をし飲むなり遊ぶなりすることが多かったのですが、企画側からマスを見ているとどうしても個人というよりも、全体の流れとか、まとまりで見てしまうことがあります。でもやはり対面で話す時というのは基本的には1対1なわけで。とにかく人を集めることを考えてしまうんじゃなくて、どういうノリでいきたいか、ひねりを加えたいかを考えた上で場というのをアレンジしていかなと思います。人xコンテンツx場の掛け算で楽しさというのは決まると僕は思っていて、昨年を通して人には恵まれてるなぁと感じるので、今年はコンテンツや場というものを、もう少し丁寧に詰めていけたらなと思います。

 

2015年の目標

5つあります。テーマとはあんま関係なかったり

1, 船舶免許をとる

とります。5月くらい。「ちょっと今日車の免許は無いんですけど、船舶免許なら」というのをやりたい

2, 100万貯める

消費に定評があるウエムラですが、正月に祖母に「お金は大事やで」と言われたので「たしかになぁ」と思って、とりあえず素直に100万円貯めることにしました

3, 週1走る(か、泳ぐ)

健康は大切です。あと無性にフットサルしたいんで何かあったら教えてください

4, ツマミを作る(築地的な意味で)

料理がデキる男になる!というのは多分無理なのでさくっと諦め、ツマミを作ることにします。やたら築地に行くのでそれを活かして。選択と集中。いよっ

5,弾くか、踊る

死ぬまでにしたいことリストの中に、「バンドやる」というのがあるのでなんかやりたい。弾き語りとかやってキャーキャー言われたい。踊るのでもいいです。もうモテるならなんでもいい。ミュージック系素敵男子女子、たすけてください

 

さくっと2014の振り返り

昨年は4年間の夏休み(学生)を終え、グローバルニート、そしてガイシケイシャチクへと変貌を遂げた1年でした。

l  1-3月: 学生追い込み

「卒論とか2週間で終わるっしょ」となめてた。完全になめてました。いや短時間でも割と密度濃くやってたつもりだったけど、そう受け取られてしまったのが良くなかった。通過儀礼ゲーであるはずの卒論発表でボコボコ、クラスで自分だけ合格がもらえず。さすがにあれは焦った。ウエムラ史上ここ5年で一番焦った。さすがに発表前日に台湾行ってる場合じゃなかった。スライディング土下座で乗り切りました(気持ち的に)。卒論発表当日のクラスの飲み会の、友人みんな満面の笑みでの「留年!留年!」コールの一体感はスゴかった。あんなに晴れ晴れとしたクラスメイトの顔と、蒼白はウエムラの顔は中々見ることがないだろう。さすが4年間ともに過ごしてきた仲間。なんとか元気玉的に皆様の力をお借りし、卒業。

卒業式は無事にまとめられ、カオはないけどインタビューされ朝日新聞にもデビュー。シャイなので。4年間の成果が出せて良かった。

l  4-5月: グローバルニート

卒業して少し”間”があれば、ということで入社を遅らせてもらいグローバルニート、世界一周へ。世界一周と言っても弾丸で飛んでただけで、アメリカ西海岸から入り東海岸、ヨーロッパからトルコへ抜け、グルジア、イランへ足を伸ばしドバイ経由で帰国。出会いにあふれた出会い系の旅でした。2ヶ月と期間が限られてたので、はじめのスタンフォードでの1週間を除き各都市長くても3日間程度の弾丸でした。途中財布をパクられたりとかはありましたが、ゆとり世代の特性を最大限に活かし、各地の現地の友達に頼りに頼り、なんとか無事に終えることができました。旅もいいけど、自分の中にベースのようなものがあまり出来てなくて長旅は無理だなぁ、てかそろそろ働かなと気持ちを切り替えられて良かった。あと就職前に、米国欧州のビジネススクールをいくつか回れて良かった。

l  6-12月: ガイシケイシャチク

いよいよです。待ちに待ち、ビビるにビビったシャカイジン。半年経って、結果「シャカイジン、悪くないよ!」と思う。毎日夏休みのような状態で過ごしてきた学生と違い、基本的に月―金の日中縛られるのは確かに厳しい(週3くらい休みたい..)けども、あまりオンとかオフとかいう考え方がなかった学生時代と比べ、仕事中は仕事、それ以後や週末は自由。とメリハリがついていい感じ。学生の時よりお金もあるし、週末だけでも色々できることあるし結構満足。日本は3連休も多いし。1週間で最も一緒に過ごす時間の長い会社の同僚や上司が、みんな好きで尊敬できる人たちなのでハッピー。けれど今まで3年とか、長くても6年毎にはほっといても身分が変わってきた(小学、中学..)のとは違って、自分で考えて動かないと変わってかないんだなぁとは感じ、時々怖くなることもあります。週末の過ごし方もしかり。コンサルは人の出入りが激しいと言われ、確かにそうだなとは思うけれど、それでも自分で動かなければ何も変わらないわけで。まだ入って半年、と言えばそうだけども「コンサルは3年」という流れに乗るのであればもう20%弱くらい過ぎました。今は先のことなんか考える余裕はなく、ひとまず目の前のことをきちんとやり遂げねばという気持ちでいっぱいですが。2015年は「ていねいに生きる」がテーマということで、もっともっと、のめりこんでいかねばと思っています。

 

2014年考えたこと

l  ミーハーでええやん、気まぐれでええやん

昨年も何度か書いたのですが、自分は割と坐禅行ったり美術館、コンサートとか行ったりすることがあるのですが、教養とか芸術への素養はゼロです。「美術館行ってる俺、なんかええやん?」というのがモチベのことも多いです。アホ丸だしなんだけども、最近はそれでええんちゃう?と思うことも多い。宗教とか芸術、そしてボランティアとかはまず頭で意味を考えてから、というのも多いのだけども、とりま行ってみてから考えてみてもいいんじゃないかなと思います。

あと割と自分は運命信者で、「今日は~だからしxxしよう」という考え方をすることが多い。ふと降りてみた駅でぷらぷらしてみて、そこで何となくあった雑貨屋でドバっと買い物をしたり。ここに来た、ここでこの人と会ったのにはなんか意味があるんじゃないかと。だからふと知り合ったルーマニア人の人を実家に招待してみたり、なんかスキーのゴンドラで一緒になった60代の方と連絡を交換してみたり。別にそれは毎回人に超親切にしている24hマザーテレサなわけでもなく、たまたま自分の気分がノッてる時とか、興味を覚えた時にそうしてる。一貫性が無いと言えばそうなのだけれど、あまり「こうしなくちゃいけない」とかルールとか考えすぎず、たまにフラっとノリで違うことをしてみるのっていいと思う。普段は基本的に無駄なく最短経路でA地点からB地点にたどり着きたいし、日々生産性を追求しているのだけれど、たまにそうやってノイズを入れてみるのも面白いと思いう。別に何かが変わるわけではないけれど、ちょっと昨日とは違う気分だったり楽しかったらそれってハッピー。

l  世界救うのも良いけど、モテたいよね

これに関しては以前からすごく思ってたのだけれど、うまく言葉にまとめれずにいました。んでまだまとまってないので、テキトーに読み流して頂ければと思います。

「自分はこう世の中にインパクトを与えたい」とか「アフリカの貧困を救いたいんです!!」とか聞くと、良いなぁ、頑張ってほしいなぁと思うのだけれど、少しうさん臭いなぁと思ってしまうこともある。青臭さが嫌というわけでなく、そういう人は好きだし自分も泥臭くありたいと思うのだけれど、「本当にそう思ってる?」とツッコミたくなることがある(あくまで、たまに)。そういう人たちの話は非常に綺麗で、もうそのお方が聖人に見えてくる。でも、そう自分の全てを捧げる様な感じで言うけど、美味しいものも食べたいし、モテたくない?と。少し、人間味がないというか。個人的には、崇高なビジョンを掲げてるんだけど、自分に正直で欲望も隠さない人のほうが好感が持てる。「自分、東南アジアの水道事業を改革したいです。でもとりま可愛い彼女ほしいっす」みたいな。自分自身も何か、世の中のためになることができればとは日々思うけれども、美味しいものは食べたいしお金も稼ぎたいし合コンもいきたい。自分の欲望には素直で、でもそれだけじゃ面白くない。自分も満足さして、でも世の中のためになることもしたい、という等身大の想いを持つ人が集まったら、世の中は少しずついい方向に動いてくんじゃないかなぁ

 

 

そんな感じで!2015も、オナシャス!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    Udong boy. Expandin’ udon and koshi to the world. 京大✈︎欧系戦コン✈︎うどん屋 Tokyo (nau) 55/196 more: https://goo.gl/dqj5Uw